遺族の負担を減らしアフターケアまでサポート

遺体搬送から火葬後まで依頼できる葬儀社

遺体搬送から火葬後まで依頼できる葬儀社 大切な家族や最愛の人が亡くなると、残された遺族は精神的に辛い状態でも悲しんでいる時間はなく、すぐに葬儀社へ遺体の搬送を手配をしなければなりません。病院には霊安室がありますが、病院の規模によっては1室か2室程度しかないこともあり、次にいつ死亡者があるかわからないので速やかに移動することを余儀なくされます。

そんな時間のない時にゆっくりと葬儀社を決めることはできません。葬儀社を決めるポイントの多くは、家の近くにあることや互助会に入っていること、身内が利用した葬儀場などです。また参列者が多くなりそうな場合は、葬儀場の規模やアクセスの良さで選ぶことも多いようです。いずれにしても、突然の別れの場合は、互助会に入っていることや身内が利用した葬儀場を思い出すこともなく慌ててしまいがちです。突然の別れの場合は仕方のないこともありますが、例えば病気で長く闘病していたら生前からあらかじめ本人も含めて相談しておくといいでしょう。

葬祭会社に連絡をすると、すぐに火葬後までお世話になる担当者が病院までかけつけます。まずは遺体を自宅や葬儀場に搬送します。家が狭くて安置できない、またマンションなどで通路が狭く運べない、亡くなったことを近所の人に知られたくないなどといったこともあります。そのような場合は、ご遺体の搬送先を自宅ではなく、葬儀場や遺体安置所を指定することで解決できます。天光社(https://1000kaze.jp/)は、拠点が多いため自宅近くの葬儀場を利用できます。

その後、落ち着ける場所で遺族と通夜、告別式、火葬などの日程や執り行い方、ホールの規模などについて葬儀社の担当と打ち合わせをします。この時、故人の友人や仕事関係の付き合いがわからないと、どれほど参列してくれるかがわかりません。故人と近しい友人や仕事関係の人に連絡を取り訃報を知らせ、このときにどれほどの人が来てくれそうか、おおよその計算をしてもらうといいでしょう。

ひと通りの儀式から火葬までの流れを決めて今度は、あらゆる人に訃報の知らせと通夜、葬儀、告別式の案内を出さなければなりません。喪主や遺族は、遺体のそばでゆっくりと別れの時を過ごす暇もなく、次から次へとやらなければならないことがあり、気が付くと通夜当日を迎えることになります。
喪主や遺族の精神的、肉体的負担を減らし、しっかりとサポートしてくれる信頼できる葬儀社を選びましょう。葬儀は、やり直しのできるものではないため、故人のためにできる限りの供養を行うべきです。天光社(https://1000kaze.jp/)は、これまで多くの遺族をサポートしています。

お知らせ